ビジネス

アムウェイはやらない方がいい理由【経験談】

投稿日:2019年6月17日 更新日:

ビジネスマンとネットワーク

こんにちは、とも<@Tomo_AIA>です。

アムウェイという大手ネットワークビジネスを知っていますか?

今日はアムウェイを含むネットワークビジネスについてお話ししようと思います。

結論から言うと、ネットワークビジネスは絶対にやらない方がいいです。
私の経験からそう断言できます。

私は以前アムウェイを本気でやっていましたが、挫折しました。

私の経験からやらない方がいい理由を説明していきますので是非チェックしてみてください。

この記事を読むと

  • ネットワークビジネスはやらない方がいい理由がわかる。
  • 今誘われて迷っている方、既にがんばってしまっている方の指針になれればと思う。
Sponsored Link

僕がアムウェイを始めた理由

ここからはなぜ僕がアムウェイを始めたのか個人的な体験談になります。よければ読んでみてください。もし興味がなければ読み飛ばしてください。

まずネットワークビジネスとはなにか?ご存じない方はこのサイトを参考にしてください。
ネットワークビジネスとは?

アムウェイとの出会い

僕は昔から良くも悪くも非常に疑い深い性格で、怪しげなものが大嫌いでした。

学生時代には親友がねずみ講に騙された時も周りの友達が次々と騙されていくなか、僕だけは断り続けました。

他にも、別の若干ワルな友達がパチンコで少しワルい商売をして周りの友達を次々と誘い、みんなが稼いでいた時も僕だけは断り続けました。
犯罪に手を染めるようなことはしたくなかったからです。

月日が過ぎ社会人になりサラリーマンとして過ごしていると、母親がアムウェイという怪しげなビジネスに誘われ迷っているから聞いてみて欲しいと言われました。

当時は世間知らずだったため、アムウェイは知りませんでしたがもちろん僕の性格上やめた方がいいと説得しました。

ですが、聞く耳を持たないながらも少し話を聞いていると元警察官の友人から誘われているとのことで、一気に怪しいというイメージが吹き飛び、僕はやらないが母親がやりたいならやってもいいんじゃないかという結論に至りました。

それがアムウェイと僕の最初の出会いです。

親友から伝わる

母親から一度アムウェイの話を聞いてから、特にアムウェイを意識することなくサラリーマンとして仕事をがんばっていました。

望んでいたITエンジニアという職種に就くことができ、仕事が楽しく充実してはいたのですが、一方で中小企業であったため給料が安くボーナスすら安定しない上に残業は当たり前、上司は心の底から嫌な奴と、会社に、また、サラリーマンという働き方に限界を感じていました。

そのような状況の中で本当に僕が信頼する大好きな親友からビジネスの話があると。リクルートという大手企業で順風満帆に働いているように見えるその親友の口から出たのはアムウェイの話でした。

アムウェイとはやっぱりすごいものなんだという思いでした。本当に人生を変えてくれる話かもしれないと興奮しました。ただ、そこですぐにサインはせずにアムウェイのミーティング(セミナー的なもの)に言ってみることにしました。

アムウェイのミーティングに行ってみる

ミーティングはよくありがちなグループの成功者がアムウェイとの出会い、仕組みの説明、どれだけ素晴らしいものかを説明するものでした。

今思うと、周りは全て同じグループのメンバーで僕が新規だということは全員知っていて、そんなことつゆ知らずだったのは僕だけだったと思います。(笑)

ミーティングに行く前から入会する気で行っていましたから、成功者の説明はすんなりと僕の心に突き刺さりました。こんなビジネスはアムウェイしかないと素直に思いました。
※注意:これはアムウェイをおすすめする話ではなく、やめた方がいいという話です。(笑)

アムウェイしかないと思った理由

  • 周りの自分の大切な人を成功させることで自分が成功する。
  • 日常品のブランドチェンジを提案するだけの誰でもできる簡単な仕事。
  • 権利収入が得られる。
  • お金、時間、仲間、健康が同時に全て得られる。

素直に「こんなすごいビジネスやらん人いるの?」と思いました。

僕がアムウェイを辞めた理由

ここからが僕がアムウェイを辞めた理由と同時にアムウェイはなぜやらないほうがいいのかという理由の説明になります。

誤解のないように言っておくと、僕は今でもアムウェイや他の合法的なネットワークビジネスのビジネスモデルはよく考えられていて本当にすごいと思っています。

また、アムウェイの製品も好きですし、僕はアムウェイの方たちがよく言う『アンチアムウェイ』ではありません。でもこのビジネスモデルは人を不幸にするので絶対やらないがいいと思います。

理由を説明していきます。

アムウェイを始めてから3年ぐらい必死にがんばりました。3年間で色んな壁にぶちあたり、親友と越えていく中で得た結論があります。

人に嫌われる

これが一番こたえました。

まず、みなさん今の生活を一生懸命がんばって生きておられます。そんな人にビジネスのようなうまい話を持ってこられるだけでぐっと身構えますし、迷惑だ、ほっといてくれと誰もが思います。

宗教の勧誘となんら変わらないです。

それが久しぶりに会おうと言われた友達から伝えられるのですから嫌いになるのは当たり前だと思います。せっかく久しぶりに遊べると思って楽しみに行ったのに目的はそれかよ?って話です。

アムウェイでは最初は断られて当たり前と教わるので、そんなことは気にせず何度もトライしましたが、この苦しみはどんどん心に蓄積しました。

周りを成功させたい=喜ばせたいと思っているのに嫌われていくというジレンマです。

普通のビジネスの話(例えば起業するから一緒にやらないか?というような話)でもそんな状態になるのに、アムウェイはネットワークビジネス超大手でとても有名。その分強引な勧誘でアムウェイの名を汚した先人たちが大勢いて知る人によっては悪名が高く呪われています。

そして僕の周りの成功させたい人から順にアムウェイを伝えていくわけですから、当然、友人たちの中で「ともアムウェイ始めたらしいで!」「次はお前電話掛かってくるで!」みたいな噂が立つようになります。

そんな時、その日はおとずれました。

ある日、アムウェイを伝えてはいたが断られていた親友と飲んでいる時に言われました。「お前最近評判悪いで。」と。

うすうすわかってはいましたが、頭から雷に打たれたような衝撃でした。
正直に言ってくれた親友には感謝しており、今でも親友です。

ただ、その時はアムウェイで成功できると本当に信じていたのでそんな言葉は気にしないようにしてがんばり続けました。

ビジネス効率が悪すぎる

アムウェイはいまどきこのご時世でなぜかわかりませんが、インターネットを使った集客が禁止されています。

ですから周りの友達に断られて伝える人がいなくなったら、新しく友達を作って伝えないといけませんでした。

僕の周りの大切な友達を成功させるために始めたのに新しい友達をたくさん作りにいかないといけない時点で矛盾が生じていますが、当時の僕はそんなことおかまいなしでした。(笑)

でもそれは本当に大変で効率が悪いものでした。

考えてみていただければわかると思いますが、例えば友達を複数作るためになにかの会合に行きます。仲良くなるには2回、3回と通う必要があります。

やっと仲良くなったら、たいていがアップラインと呼ばれるグループの成功している人の開催する飲み会とかに連れて行く。そして後日、1対1でお茶をするアポを取って伝える。
これをひたすら繰り返す。

効率悪すぎだと思いませんか?これだけで会合に行くお金や飲み会のお金、交通費やお茶代と経費がたくさん掛かっています。でも実際にこんな方法しかなく、みんなが地道にこれをやっていました。

アップラインという縦社会

アムウェイは入会すると誘ってくれた人がアップラインとなります。そしてアップラインにの上には更に上のアップラインがおり、そのアップライン達の中でもまあまあ成功している人を通常アップラインと呼びます。

アムウェイを始めたばかりの時は、自分は全然稼いでないのでアップラインの元に入会させたい友達を連れていき、アムウェイの素晴らしさを説明してもらい、クロージングするのが一般的です。

アップラインに引き上げてもらわなければ、まず自分のグループを作っていくことができないので、アップラインに気に入られておく必要があります。

また、アムウェイでは成功している人の教えを素直に聞かないと成功しないと教えられますから、アップラインの教えは絶対です。

要するに、会社よりも気を遣う絶対的存在の上司が、会社よりもたくさんいる状態です。これは、会社が嫌で自由になりたいからアムウェイをやっている僕にとっては大きな矛盾でした。

基本的にアムウェイは人に好かれなければ成り立たない商売の性質上、僕のグループのアップラインは良い人が多かったですが、それでも嫌な人はいました。

特に僕は、僕のグループのトップがパワハラは当たり前でミーティングの終了時間も守らず、許し難い人間でした。

その人より成功すればいいだけだと言われればそれまでなんですが…。
余談ですが、アムウェイの仕組みは先に始めた人を追い越すことはできる仕組みになっています。本当によく考えられた仕組みですが、追い越すことはできませんでした。

アムウェイは難しい

上記のようなことがだんだん、だんだん心に蓄積しながら相変わらずがんばっていました。

人生で一番がんばったと思うほどがんばりましたが、成功するどころか嫌われるだけ嫌われて、結果は少しも稼げるようになりませんでした。

そこで気づき始めました。アムウェイって全然誰でも成功できる簡単な仕事なんかではなく、めちゃくちゃ難しいんじゃないの?って。

確かにアムウェイで大成功している人達はいっぱいいるけど、その人達は営業的センスが大天才な人達で、その人達はアムウェイなんかじゃなくてもなにをやっても成功するだろうと。

もちろん楽して成功できるとは思っていませんでしたが、ここまで非効率で難しい仕事は他に無いと。

地道に少しずつビジネスを育てて本当にゆっくりと成功に向かっている年配の方達はいましたが、僕達若者はそれではおじいちゃんになってしまうと。

また、アムウェイでは権利収入が得られることにより、お金と時間が同時に手に入れられると教え込まれるのですが、アムウェイ会のトップ成功者達は全くリタイアする様子はなく、とんでもないスケジュールで生活していることに目が向きました。

そこで気づき始めました。「アムウェイって一度大成功して年収一億円のタイトルを獲得しても、権利収入なんかにはならず、がんばり続けなければ年収維持できないんじゃないの?」って。

アムウェイではお金と時間は同時に手に入りません。今は確信しています。

こんな疑問を抱えながらもアップラインは相変わらず良いことしか言わないし、口が裂けても誰かに聞くわけにはいきません。

疑問を抱えながらしばらくはがんばりましたが、やっぱり人間こんな想いのままがんばりが続くわけもなく、少しずつミーティングに行かなくなり…挫折しました。

Sponsored Link

アムウェイはやらない方がいい

とても長くなってしまいましたが、このような体験から僕は絶対にアムウェイはやらない方がいいと断言します。

アムウェイはまだ大手で非常に良心的な会社であることから、他のネットワークビジネスと呼ばれるものは全て同じです。

ネットワークビジネスは一部の人を除き、関わった人間を不幸にする仕組みです。この世に存続してはいけないビジネスだと思っています。

今、誘われて迷っている方は、是非、断りましょう。

そして、既にがんばってしまっている方、まだ思うように稼がれていないのであれば、貴重な人生の長い時間を棒に振る前に退会しましょう。

アムウェイは全ての時間や考えをアムウェイ最優先にするように教えられ、強いられる仕事です。アムウェイのミーティングを優先して大切な家族や友達との時間をないがしろにしないで欲しいです。

今、がんばっている努力は本当に素晴らしいことに違いはないし、努力した経験は無駄にはなりません。きっと、スキルとしてあなたに残っています。

そして、そのがんばりはもっともっと効率が良く、嫌われることがない副業に向けてください。

僕はなにかを売りつけたり、勧誘したりするつもりはありませんが、副業のやり方は他のエピソードで紹介しているのでよければ参考にしてみてください。
【自分のために資産を作る働き方】ノーリスクで始める副業

この記事が一人でも多くの方の役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Link

-ビジネス

執筆者:


  1. […] とてもがんばっていました。これは資金的リスクはありませんが、絶対にお勧めしません。その理由は別のエピソードで紹介しています。⇒アムウェイはやらない方がいい理由【経験談】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ジーパンにクレジットカード

知らずに信用を失ってませんか?ビジネスで信用を勝ち取る方法【信用経済】

こんにちは、とも<Tomo_AIA>です。 今回はビジネスにおける信用について解説していきたいと思います。  フォロワーは多いのに商品が売れない。  初回の商品は売れたけどリピーターになっ …

簡単!Google アドセンスの始め方【登録・審査から稼ぎ方】

こんにちは、とも<@Tomo_AIA>です。 Googleを使ったアフィリエイト(=Google アドセンス)ができるとよく聞くのでどうやるか知りたい方。 そもそもGoogle アドセンス …

高級レストラン

高単価商品で稼ぐ!情報発信ビジネスで戦わずして勝つ!【高単価戦略のすすめ】

こんにちは、とも<Tomo_AIA>です。 今回は情報発信ビジネスにおける高単価戦略について解説したいと思います。 記事の内容 情報発信ビジネスで競争に巻き込まれずに勝つ方法がわかる。高単 …

リーダー

『人を動かす』情報コンテンツの作り方【原理原則】

こんにちは、とも<Tomo_AIA>です。 今回は情報発信ビジネスにおいて『人を動かす』情報コンテンツの作り方を解説していきたいと思います。  情報コンテンツとはなにか?  商品を買っても …

ビジネスマンが握手

情報発信ビジネスの全体像とやり方と稼ぐ方法【結局商品はなに?】

こんにちは、とも<Tomo_AIA>です。 今回は情報発信ビジネスの全体像を詳しく説明したいと思います。  まず、情報発信ビジネスは稼げるのか?  そもそも情報発信ビジネスとはなに?  結 …

【とも】

ITコンサルタント/お笑い大好き

経歴:同支社大学→新卒で某大手不動産会社の営業→コンサル会社に営業として転職→ITエンジニアを希望し転属→ITコンサルタント→サラリーマンとして生きることに限界を感じ大手ネットワークビジネス、ア〇ウェイをやるも挫折→PC1台で自由に生きられるインターネットビジネスを学ぶ→自由で超健康に生きられる人を増やす活動を展開中→夢はハワイにワイキキビーチを臨む別荘とホームジムを持つこと

プロフィールの詳細>

Twitter>